看護師求人サイト比較研究所【最新版】

看護師求人サイト比較研究所のおすすめ【最新・究極版】

看護師求人

就職活動・転職活動をしていく中で、出来る限り多くの求人情報を集め、選択肢を増やすことは大切です。しかし、たった一人だけで手に入れられるデータは、頑張っても限られているといえます。2016年2月、最新の看護師求人サイト、比較研究所厳選の大手の人気転職支援サービスに無料会員登録することで、理想の職場に就くために必要な求人情報が得られます。看護師求人サイト比較研究所のおすすめなら、最新で詳細な看護師求人情報だけでなく、病院、医療機関の詳しい内情まで調べてもらえます。120社以上の看護師求人サイトを比較研究した結果の究極の最新ランキングをぜひ参考にしてください。

看護師求人サイト比較研究所【最新】究極ランキング/2016年2月

ナース人材バンク

看護師求人サイト比較研究所/第1位

ナースフル

看護師求人サイト比較研究所/第2位

ナースではたらこ

看護師求人サイト比較研究所/第3位

看護のお仕事

看護師求人サイト比較研究所/第4位

マイナビ看護師

看護師求人サイト比較研究所/第5位

転職サイトの特長

看護師求人のご紹介から面接対策、円満退職のためのアドバイスまで行ってくれる転職サイト各社の特徴をまとめました。当サイトに掲載した看護師求人サイトの評判は良いので、特徴が自分に合っているかどうかを見て登録されることをオススメします。

ナースではたらこの特長

運営会社は『はたらこねっと』や『バイトル』でお馴染みの東証一部上場、ディップ株式会社です。2012年、2013年、2014年、2015年と楽天リサーチによる調査で、看護師人材紹介会社としては4年連続顧客満足度第1位に選ばれています。全国の医療機関の9万件以上の情報を保有。「エリア別担当制」のキャリアコンサルタントだけが知っている最新情報や徹底サポート、憧れの医療機関に応募を打診できる「逆指名制度」も評判です。常勤求人はもちろん、非常勤求人・高年収の求人、日勤のみの求人、託児所付きの病院など求人の種類は豊富です。

 

ナース人材バンク

運営会社は「ナース専科」でお馴染みの東証一部上場会社の株式会社エス・エム・エスです。年間10万人以上の看護師さんに利用される転職支援サービスで転職実績No.1。全国17拠点、地域に根ざしたキャリアコンサルタント数もNo.1。求人案件も病院からクリニック、訪問看護、訪問入浴、介護施設、治験(CRC)の求人まで幅広く対応できます。

 

ナースフルの特長

運営会社は株式会社リクルートドクターズキャリア(2014/10東証一部上場予定・株式会社リクルートホールディングス100%出資)です。転職業界最大手の運営する看護師専門の転職支援サービスで、まさに認知度・信頼度はNo.1です。都市部の求人に強く、好条件の非公開求人や科目別バリエーション、希少な科目の求人が豊富。転職と同時にキャリアアップを目指したい方やできるだけ早く転職したい方のスピード転職も可能です。
(サービス重点地域は関東エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県、関西エリア:大阪府・兵庫県・京都県・奈良県・滋賀県、東海エリア:愛知県、九州エリア:福岡県・熊本県・大分県)

 

看護のお仕事の特長

運営会社はレバレジーズ株式会社。14万件以上の看護師求人から経験豊富なプロのキャリアコンサルタントが無料で紹介。転職フルサポートサービスはサービス満足度No.1、コンサルタントの対応満足度No.1、友達に進めたいランキングNo.1の3冠に選ばれています(2013年のネオマーケティング調べ)。また最大12万円の転職支援金をプレゼントのサービスも好評です。出産、子育て後のママさん看護師にも人気です。

 

マイナビ看護師の特長

運営会社は、就活生の95%がお世話になり、2年連続で転職サイトランキング総合1位(ゴメスコンサルティング調べ)に輝く「マイナビ転職」を提供する株式会社マイナビです。病院、クリニック、介護施設、訪問看護ステーション、企業に訪問し、院内の雰囲気、看護師長のお人柄、産休・有給の取得実績、看護体制まで細かに確認。定着率の良い施設を紹介することを心がけています。それがお客様満足度96%の理由です。

 

看護師求人サイトへの登録方法

上記にあげた転職サイトは無料登録、無料利用ができます。登録は簡単!記入事項は転職サイトによって多少異なりますが、早い人は30秒〜1分で登録できます。

ナースではたらこの登録記入例

→氏名 
本名を漢字・カタカナで記入します。

 

→誕生年
正しい誕生年を選択します。

 

→お住まい・お電話番号
都道府県名を選択します。電話番号は携帯のもので結構です。

 

→ご希望の働き方
常勤か非常勤かを選択します。

 

→ご希望の勤務地
地域の近くの求人情報を探すのに必要になります。市区町村までの選択になります。

 

→メールアドレス
メールアドレスを正しく記入してください。
フリーのメールアドレスでもかまいませんが、迷惑フォルダに入らないように設定しておきましょう。

 

→備考欄
転職理由や希望条件など何か伝えたいこと(要望)があれば書いてください。

転職の前に

看護師の転職について考えるときに、過去、現在、未来の自分自身について一度考えてみると良いでしょう。転職活動時は、看護師の仕事について、広く深く考える良い機会です。看護師求人サイト、比較、研究所、おすすめの転職サイトに登録する前に今までのキャリアを整理し、今後のライフプランを考えてみるとよいでしょう。看護師の給料看護師の辞めたい理由と転職やりがいのある病院・施設などについて考えることは、今後の看護師の働き方(ワーク・ライフ・バランス)を考えていく上で役に立つはずです。
転職するときに、一言で病院に転職したいと言っても大学病院、地域の中核病院、一般病院などさまざま。転職先を選ぶときには、その病院について十分調べる必要があります。

看護師の悩み(看護師・体験談)

29歳、看護師5年目です。外科病棟に勤めてます。給料や生涯働ける仕事をと思い看護師になりました。給料は同世代の女性の方からしてみれば、貰っている方だと思いますが、日勤と夜勤の繰り返しで、慣れるまでは疲労で毎日クタクタでした。
慣れてからも、不規則な生活で肌荒れや肩こりに悩まされる毎日です。
ストレス発散と思い、毎晩飲み体重も看護師になる前と比べ、5キロ以上増えていました。3年目まで周りと比較してしまい、自信がなく、師長や先輩によく相談していました。励まされ、自分のペースで焦らずやっていこうと思えました。
看護師になってから合コンに行っても男性からは看護師だから、給料高いと思われ、自分よりも給料が低い男性に会う事もよくあります。
同僚や先輩には、独身貴族がたくさんいます。結婚に乗り遅れたり、
結婚しても、自分自身で稼いでいけるので離婚する方も多いです。
私も29歳で彼氏はいません。
やはり、自分よりも給料が高い方がいいと思ってしまいます。
最近ではこのままでいいのかと考え、夜勤がない病院や美容整形のクリニックへの転職を考えてます。
夜勤がないのに、給料が高く、気になり、一度面接に行ったこともあるのですが、やはり営業もしなくてはならないらしく、化粧品や美容機器の販売もあると聞きやめました。しばらくは今の職場でがんばっていこうとおもいますが、体力的にも不安ばかりです。体力や時間を考えるともっと給料上げてほしいと思います。

看護師を長くやっていて(主任看護師・体験談)

今までの看護師人生で、実に沢山の悩みを克服してきたつもりで今に到ります。
まずは、家庭との両立・子供達とのかかわりあいについて。
そして、時間がない現実。終わらない残業。目途がたたない仕事時間。
疲れ切る心身等々。自分のキャパのなさを痛感させられることもしばしばでした。

 

そして、職務上患者さんの死に向き合う。長いの業務と看護師仲間との人間関係。
ドクターとの関係にも苦労した事も。
ですが、看護師人生も20年が過ぎて、今振り返るとどの悩みもすべて懐かしい思い出となっている事に気がつきました。今では自分を成長させてくれたのだと思っています。

 

こうした事から、今中堅看護師となり後輩看護師を育成する立場となり言える事があります。
「看護師の職種を選んでよかったと思える日が必ず来るから一緒に頑張ろう!」っ言いたいです。実際にかなりのハードワークである現実です。
ですが、きついから頑張れるのです。また、きついから成長出来るのです。
私は振り返りそう痛感しています。女性の職種の中では、看護師はきつい部門に入るといえそうですが、看護師っていい仕事ですよ。人の生命を預かる事が出来るなんて。素晴らしい職種です。患者様の笑顔になる姿を見る事で、こちらもまた最前を尽くしたいと思えたり。
人間の尊厳にかかわる事が、出来る仕事は看護師だけですよね。
看護師の皆さん、日常はハードですが、一緒に頑張って行きましょうね。
新人さんも自分のペースで頑張りましょう。

介護士から准看護師へ(准看護師・体験談)

特に資格もなく、近所で無資格から始められる病院の介助の仕事を始めました。するとまだ20歳だったので、院長先生が将来はどうするの?と聞かれて特に何にも考えてない私に3年働いて、介護福祉士か、働きながら学校へ行って准看護士の資格もとれるよと言われて勧められました。高卒で何にも取り柄がない私に、優しい性格だから向いていると思うよ。学費は病院が出すからやってみたら?と勧められました。

 

学校は自転車で通える距離にあり、午前中は学校、午後は病院の生活になり、准看護師を目指す事になりました。試験の時はお休みを頂き、バイト代も貰えるしとても助かりました。勉強も久しぶりで学校にはいろいろな年齢の方がいて、出産後社会復帰される方や、定年してから入学した方やもちろん現役の方もいました。2年で資格も取れて病院で働くことができました。正看護師と准看護師の違いではないですが、やれることが看護師のアシスタントのような仕事でした。ちょっと辛くなってきましたが、病院に学費を出して頂いているので…辞めるなんて言いにくいので、3年の奉公の期間が過ぎたら転職を考え始めました。両親の反対もあり、悩んでいましたが介護福祉士も資格を取っていて損はないので働いた実績で、取得しました。

 

すると先に辞めた先輩が引き抜いてくれて、今は違う施設にいます。病院とは違いデイサービスなので、かなり自分にあったサービスを提供できるようになり心も回復しました。今は介護主任にもなり、今はケアマネージャーを目指しています。

産休後の初仕事(看護師・体験談)

私は最近まで産休を取っていました。もともとは産後1か月で現場復帰希望でしたがやはりこのインフルエンザのはやる時期ですので、病院内で菌をもらっては大変だということで少し遅めの産休になりました。

 

実際にはおおよそ4か月程度だったのですがやはりこのわずかな時間でさえ現場を離れているとわからないことが多々あります。例えば新たな看護学生さんが増えていたりなどします。この時期の多くの看護学生さんの方は単位を取るのに必死なので積極的な方が多いのです。ですので私が今回産休後の初仕事は看護学生さんの指導でした。中には積極的に意見を述べてくれる人などがいたのですが多くの生徒さんは自分のことばかり考えている人が多かったのです。やはり人の命を扱う現場なので和やかな雰囲気も大事ですがやはりそこにはきちんと仕事をして成り立つ信頼関係も私はあると思っています。

 

しかし看護学生さんたちは心のどこかでどうせ実習だから、と思っているような部分も伺えました。私も産後復帰すぐだったのでいつものペースで働けていませんでしたがこういった生徒さんたちを見るとすごく悲しくなりました。実際、この間も少しのミスがありました。命にかかわるミスではなかったのですがこういったことが起きるのは初めてでしたの戸惑いました。看護学生だからと言って気を抜いてほしくないなと思いますし、改めて医療の現場に潜む危険性などについて私もとても勉強になりました。

転職前に雰囲気・離職率は要チェック(看護師・体験談)

転職する際に面接ではとても印象がよかったのに、入ったら違っていたということが多くあると思います。やはり、募集する方も、面接の時間帯はいいところを見せようと努力しています。なので、ギャップは感じやすいです。そのギャップを少なくするには、事前の見学が大切だと思います。病院内の雰囲気がどのような感じであるか、なによりも重要なのが看護師間の雰囲気はよいか、いきいきとしているか、そして、小さな病院ほどなんで今回募集をしたのかまで調べることが大切です。転職前に雰囲気・離職率は必ず確認しましょう。

 

私は実際に、働いている子がもっとでかい病院で働きたくてレベルアップのために辞めるって聞いていましたが、入って聞いてみると、先生と相性が悪くやってられないからやめると言われました。数日の辞める間に看護師からの先生の悪口も何回も聞きましたし、ほんとに嫌な気分になりました。案の定一緒に入った方は、それに耐え切れずすぐに辞めました。中の様子は面接だけじゃわからないなと実感しました。

 

実際に働いてみると、悪口を言ってる方も悪いし、先生の態度も良くないこともあり、それでぶつかってるんだなと感じましたが、もう一人の一緒に入った人と頑張ろうっと言い聞かせながら頑張ってたら、先生のことで別に嫌な思いもしなかったですし、むしろご飯に連れて行ってくださっていい先生でした。小さい病院こそ、なぜ募集がかかってるのか確認したほうがいいです。そして、入ったら人数が少ない分負担も大きいため、嫌でもすぐには休むことも辞めることもできないです。働くことは嫌ではありませんでしたが、私は結局妊娠でこの病院を辞めました。

 

(看護師求人サイト比較研究所のおすすめ【最新・究極版】)