大学病院に転職したい

大学病院に転職したい看護師

大学病院は、教育機関の色合いが強いため充実した教育体制が望めます。特にキャリアアップ志向の方にはおすすめだといえるでしょう。
たとえば、一般の病院では見られないような重症の患者さん、高度専門医療が必要な患者さん、難病など稀な症状の患者さんなどが集まってきます。それだけいろいろな症例を経験できますので、知識の幅を広げたい方にとっては有益でしょう。
また大学という教育機関なので、教育制度についてもしっかりしていたり、最先端医療も経験できるので魅力的です。
「診療」・「教育」・「研究」の3つの役割を持っており、スキルアップのために転職する人が多いのはうなづけます。

 

大学病院の看護師の採用は年度ごとに行っており、4月採用のみということころがほとんどです。したがって、大学病院に転職したいときは、出来るだけ早めに採用のタイミングや方法を確認しておく必要があります。ただ採用の際は大人数になることが多いです。新卒はもちろん、中途も同じタイミングで採用され、新採用者研修、オリエンテーションが行われます。比較的若い看護師が多いので、転職組は指導する立場になる可能性があります。

 

多くの大学病院では、就職説明会やインターシップなどの制度があり、入職前に実際に大学病院で働いている方の話が聞けたり、職場の雰囲気を体験することが出来たりします。こうした制度を利用するのも1つの方法でしょう。

 

また医師も研修医など若手医師も多いため、注射や点滴など手技をする機会が少なくなるかもしれません。これは考え方次第で、役割分担が明確ととるか、技術が向上しにくいと取るかは個人の価値観によるでしょう。

 

大学病院は、基本的に急患や手術が多いため、忙しいことが多いです。また委員会や勉強会、新薬の説明会など看護業務以外でも忙しくなる可能性があります。その代わり中小規模の病院に比べると収入は高くなります。勤務ローテーションや診療システムは既に確立されているため、勤務日数、休暇や当直で融通があまり利かないことは覚悟しなければなりません。