准看護師と正看護師の違い

准看護師と正看護師の違い

准看護師と正看護師の差はなんでしょう。そう考えると様々なことが浮かんできます。資格の違い。責任の違い。給料の違い。能力の違い。などいろいろな事が浮かんできます。しかし、患者からすれば准看護師も正看護師も同じプロです。患者さんへの責任は同じように取ります。

 

私が働いていた病院では、准看護師はアセスメントが浅いのに、給料も低いのに、と言われる事が多く、同じように働き責任を負うのに准看護師とゆうだけでバカにされることもあります。確かに、力量やアセスメント能力など、准看護師は正看護師と比べ浅く劣るのは事実だと痛感しています。役職だのリーダーだのという責任はないですし、そこへ行くスキルもないとゆうのが現実です。しかし現場では同じように働きます。

 

そして、ミスをすれば准看護師だからと言われます。ヘルプで他部署に行くことが多ければ、准看護師だから扱いやすいと言われ病院の駒として扱われる感じが否めません。この資格の差に我慢ができると言うのであれば報酬でしょうか。同じように働くならなぜ給料にあんなにも差が出るのかと思うほどです。ならば、看護助手だって看護業務できるんじゃないの?と思ってしまうこともあります。

 

私自身もそうですが、周りの准看護師の人達は少しでもいいお給料を求めて就活をします。そして、現状の働きに対し、この報酬なのかと思った瞬間、それは転職への考えが本格化するときかと思います。実際、私はそうでした。上へ掛け合いましたが、准看護師だからという理由で昇給は却下されました。忙しいのは仕方ありません。しかし、離職者を減らしたいなら病院側がしっかりスタッフの話を聞き妥協し合いながら協力していかなければ成り立たないと思います。正看護師になればいいと簡単に言いますが、家庭があれば子どもがいればなかなかそう簡単にもいかないのです。

 

質を落としてまで行う看護になんの意味があるのでしょう。なんの思いやりがあるのでしょう。離職者が多いことで現職者に負担が増え、質が落ちるほどおろそかになりミスへとつながる。このループを作ったのも理事であり経営者であり上司であると思っています。下のスタッフこそ、思っていることが強く、また若いために心が澄んでいると思います。もうちょっと、若い子の意見も聞き、それをバカだと言わず傾聴する姿勢を持ってほしいと思います。