看護師の転職で多い介護施設

看護師の転職で多い介護施設

看護師が病院を辞めた場合、また他の病院に雇用できるかというと、簡単ではありません。病院に勤めるには、推薦状や試験があり、ツテが必要になることもあります。職場での人間関係に悩み、辞めるのが明らかな場合は、推薦状は断られてしまうことが多いです。推薦状は、医師には出しやすく、病院同士の関係を維持するのに利用されたりするのです。

 

看護師が病院を辞めた後、転職先として考えやすい、採用されやすいのは、介護関係の職場です。介護は、利用者が多く、これからも増えていくことが見込まれ、現場で、医療の知識がある人材が必要なのです。看護師は、訪問介護にも関与することができるので、施設の中でも外でも、多く必要とされます。病院での仕事よりも、必要とされる現場に、やりがいを感じることができます。介護施設での仕事は、同僚の介護福祉士などに指導したり、相談に乗ったりもするもとができます。看護師だからこそ治療ができるものもあるのです。点滴などがそれです。衰弱している利用者の様子を見たり、医師とのやり取りも求められます。

 

介護離職ゼロを推進している行政も、在宅介護も推進し、どうすればいいのか、先が見えませんが、利用者が一番いい方向で選べるように、サービスも様々になり、多くのプランで看護師が必要になっていきます。給与に関しては、かなり少なくなっても、介護職にして良かったと感じている方が多いようです。介護職での求人も、看護師の資格取得者は優遇されるなどの傾向もあります。