看護師の仕事について

看護師の仕事について

基本的に看護師に関しましては、退職者であったり離職者の人数もかなり多いために、一年中常に求人が出されている実態があります。際立って地方における看護師が足りていない状況は、より厳しくなっています。

 

不況のため就職浪人が多い中で、叶えたい就職口に、割りと面倒なく就職できるというのは、大変驚くべき職種ではないでしょうか。だけど、一般的に離職の率が高いというのも看護師という仕事の特質であります。

 

基本看護師の年収総額は、普通の会社員より非常に高く、そして景気の悪さに影響されることがない、また、高齢社会の日本の現実がある以上、看護師の今の立場が崩壊することは決して起きないでしょう。

 

本音を言えば、臨時職員の募集をよく告知する病院・クリニックは、「臨時職員でもなんでも役に立てばOK」とちょっとでも寄せ集めしようとしていると考えられます。一方正社員職員だけを募集を行っている病院は、就職後看護師の定着率が高めであると考えても間違いないでしょう。

 

ただ、看護師の仕事については、いまだ労働環境については芳しくないというのが一般的な見解です。たとえば2014年5月17日の中日新聞にも掲載されていた記事によると、「看護、助産師「辞めたい」75%」』( 県内調査県医療介護福祉労働組合連合会(医労連)が実施した労働実態調査)と公表されています。

 

他の民間アンケートなどを見てもおおよそ8割前後の看護師が辞めたい、もしくは転職したいと考えているという結果が出ています。

 

その多く、仕事がきつい、休暇が取れない、夜勤がつらい、賃金が安いなどいわゆる労働環境や勤務体制の問題です。

 

アンケートによっては、職場内でのいじめ、パワハラなど人間関係も辞める大きな原因となっています。

 

いずれにしても、こうした状況が出てくるのには、雇用主側の情報の少なさや就業する看護師との意識の違いなどが原因で起こるとされています。

 

大手のしっかりとした転職サイトでは、このようなミスマッチングが起こらないような情報を保有していたり、調査することも出来ますので、転職活動の際はしっかりと情報収集をしていきましょう。